医療ソーシャルワーカー(責任者)
I・K
阪和第一泉北病院

入院・入院中・退院と継続して関わるサービス部門が医療ソーシャルワーカーです

MSWに求められる役割

錦秀会には療養型の病院が多く、急性期の病院で治療を受けた後のリハビリを希望する患者様や、自宅や施設では病状管理が難しくなった患者様など様々な状態の方の入院をお引き受けしています。MSWは入院相談の窓口として患者様・家族様のニーズをお聞きしたり地域の他機関との連携に取り組んでいます。


また、ご高齢の患者様が地域で安心して生活できるように介護サービスを調整したり施設など生活の場を紹介するなど退院支援も行っています。入院中は医療費負担の問題や自宅の維持などさまざまな困りごとが起こりますのでそれらの問題解決の支援もしています。


錦秀会では患者様に安心して療養を続けていただけるよう入院・入院中・退院と継続して関わるサービス部門として認知していただいています。


教育体制

新入職員には入職直後に今まで習ってきた制度をより実用に合わせて利用できるよう振り返るための講義を行ったり所属病院以外の系列病院で数日間実習をしていただき実務を見ていただくなどの研修期間を設けています。


実務にあたるようになってしばらくしてからは、新人同士や年齢の近い先輩と悩みを共有できる場として懇親会を行っています。スタッフ数の多い法人だからこそできるフォローだと思います。

人材育成に対する法人の理解もあるので、MSW協会や社会福祉士会主催の研修などの外部研修や学会にも出張として法人に費用を負担していただき参加しています。

 

求める人材

知識や面接技術は入職後に身に着けていくことができるので、人の生活、福祉という分野に興味があり、積極的に人と関わることができる人に入職していただけると嬉しいです。

メッセージ

MSWに興味がある学生さんは人の生き様や生活問題、社会問題に興味があってそれに関わっていきたいという思いがある人だと思います。コロナ禍で就職活動も思うようにいかないかもしれませんが、そうした感性を大切にしてやりたい仕事につけるよう頑張ってほしいと思います。

他の先輩を見る

OTHER MESSAGE

先輩メッセージ検索画面に戻る

REQUIREMENTS募集要項