リハビリテーション職

ABOUT WORKリハビリの仕事について

理学療法士

立ち上がる、起き上がる、歩く、寝返るなど人間の基本動作能力の回復・維持・悪化予防を目的としてリハビリテーションを行います。

作業療法士

日常動作(食事、料理、掃除など)の練習、創作活動(工作や手芸など)、レクリエーション(遊びやスポーツなど)を通して応用動作能力の回復や維持を図ります。

言語聴覚士

言葉や発声・発音、認知などのコミュニケーションに関する機能や、食べること・飲み込むことに問題のある方に訓練や指導、支援などを行います。

 

POINT特徴

 

総合的に学ぶことができる環境

錦秀会のリハビリテーション部は、理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)のチームアプローチに力を入れているので、何かあってもひとりで悩むことなく、すぐに相談できるのが魅力です。自分の領域だけでなく総合的に学ぶ事ができ、多くのことを吸収し、成長できる職場です。
また、法人内に複数の病院・施設を有しているので、急性期・回復期・慢性期・在宅と様々な疾患に対して経験を積むこともできます。

 

チーム医療に力をいれています

医師・看護師・ケースワーカー・臨床検査技師・臨床工学技士・栄養士などのメンバーがチームとなり患者さまに最適な医療を提供しています。チーム医療の一員として知識向上のため努力しています。

各種委員会例

  • 褥瘡対策チーム

    褥瘡(じょくそう)とは、一般的には床ずれと呼ばれます。褥瘡の処置、保護の方法及び環境調整について指導や助言を行うことでケアの工場を図る目的で活動しています。

  • 摂食嚥下チーム

    栄養状態、食事の状態、口の中の衛生状態をチェック・評価し、多職種と連携しながら、食べる機能の回復や肺炎を防止し、日常生活における活動性の向上を目指します。

  • 糖尿病チーム

    糖尿病患者の日常的な療養生活のサポートを行い、合併症などによる、しびれや神経痛、失明、腎不全や透析を必要とする尿毒症などの重症化を予防します。

その他、多数のチームがあります。

 

MESSAGE先輩メッセージ

医療法人錦秀会で働く先輩の仕事内容や想いなど、
インタビューをご覧いただけます。

DOWNLOADパンフレットダウンロード

医療法人錦秀会の、リハビリテーション職のパンフレットです。
ご覧になるには、以下からPDFをダウンロードしてください。