仕事内容

仕事内容

医療法人錦秀会の医療ソーシャルワーカーの仕事は大きく分けて3つあります。

■⒈ 入院相談

各地域の医療機関や施設など、関係機関からの入院相談を受けております。また、ご本人・ご家族からも入院相談が入ることもあります。患者さまのお体の状態や、ご家族のご希望などを伺います。また、入院に必要な書類の案内、入院に向けての手順、療養型病院の概要、入院費用などについて説明させて頂き、ご理解を頂いてから、入院していただけるように、相談を受けております。

■2. 療養中の生活問題に対する援助

入院療養中には、さまざまな生活問題が発生します。その生活問題について、医療ソーシャルワーカーは、患者様、家族様とともに問題解決にむけてお手伝いをしていきます。社会保障制度の利用を説明したり、関係機関と連絡し、制度を利用して頂くための調整をします。

  • CASE1

    入院費用の支払いに困ってきた。
    医療ソーシャルワーカーより、社会保障制度の利用について説明をします。患者様・ご家族様自身で利用するのが難しい方には、医療ソーシャルワーカーがお手伝いをすることもあります。
  • CASE2

    一番関わりのある家族が病気になり、代わりに、別の家族に交代することになったが、何をしたらよいのかよくわからない。
    医療ソーシャルワーカーより、一番関わりのある家族がどのような役割をしていくのかを説明し、必要な手続きについても説明します。急なことに戸惑っておられるご家族にねぎらいの言葉をかけさせて頂くことも忘れません。
  • CASE3

    認知症の症状が進み、精神科に受診しないといけなくなった。
    主治医・看護師等と病状などについて、患者様の状態を共有します。ご家族様に精神科への受診の必要性について、主治医・看護師とともに説明し、了解を得られたら、精神科病院の地域連携室に連絡し、受診の調整を行います。

■3. 退院支援

患者様やご家族様が安心して、退院後の生活を送っていただけるように、外来受診時や入院時から、医療ソーシャルワーカーも早期に関わりを持ち、退院支援を行っています。退院後の通院先、訪問看護やデイサービスの利用、その他の介護保険サービスの利用調整、入所施設先もどんなところがよいか、一緒に検討していくことも行っています。

その他たくさんの仕事があります。こちらはほんの一例になります。