看護師
O・N
阪和住吉総合病院

実地指導者として新人を指導

受け持った新人さんの印象

患者さんに対しても看護技術に対しても丁寧であり、私自身も見習わないといけないと思う印象があります。改善すべき点は、指導される立場である故に受け身になっている部分もあるため、積極性を意識していってほしいと思います。

指導をして成長してくれたなと感じる点

初めの頃は、自分の業務でいっぱいになっていましたが、入職後半年を過ぎたころには「何か手伝うことはありますか?」と先輩や同期に声をかけられるようになっていて、少しずつではありますが、周りを見れるようになっていると成長を感じました。

新人を指導する上で気を付けていること

一年目がドレーンを固定するところを見守りしていた際、「もう少しこうした方が良いよ」と口頭で補足したところ、理解した表情が見えませんでした。そのため、実際に見本を見せて指導をしたら理解してもらえたので、分かりやすく指導することが一年目の手技獲得につながると気づきました。

指導していく中で困った時は?

指導に行き詰った時や自分だけで解決できないことがあれば、同じ新人指導をしている先輩や病棟看護師に相談しています。また、病棟看護師だけでなく主任や責任者など、病棟全体はサポートしてくれています。

 

実地指導者となって苦労したことや良かったこと

自分の業務をしながら一年目を気にかけ、声を掛けて指導するには自分自身が余裕を持っていないとできないということや、教えることの難しさであったり、自分の未熟さを痛感しています。良かった点は一つ一つの看護技術やそれに伴う根拠など、一年目に指導する中で自己の振り返りや知識や技術の向上につながっているところです。

自分自身の成長を感じることは?

検査出しやオペ出し、オペ迎えなどのフォローについている際、一年目ができなかったことができるようになっており、指導したことを学んでくれていると実感し、少しずつでも指導力が身についてきていると感じました。

指導者となって気持ちの変化はありましたか?

新人の時は、何に対しても不安と緊張ばかりだと思うので少しでも相談ができるよう、また働きやすい環境になるよう心身のサポートを心がけようと思いました。また、先輩の後ろ姿を見ていると思うので、患者さんに対する言葉遣いや行動にも責任を持たないと意識するようになりました。




実地指導者制度とは

職員すべてが教育理念を理解し「共育」の視点で人材育成をする教育制度です。たくさんの人から指導を受けることができるので、様々な考え方や技術を勉強することができます。

他の先輩を見る

OTHER MESSAGE

先輩メッセージ検索画面に戻る

REQUIREMENTS募集要項