採用カレンダー

ご希望日

2019年8月
       
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2019年7月

 :空きあり   :予約不可

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

 :イベント  

職種別イベント一覧

人事課へ書類送付する場合

こちらの住所にお送りください

〒558-0041
大阪市住吉区南住吉3-3-7
阪和病院 本部 人事課宛

  • 人事課までのアクセス

先輩メッセージ

  1. 先輩メッセージ(薬剤師)
  • 阪和第ー泉北病院
  • N・Sさん
  • 薬剤師
  • 岡山大学
認定薬剤師を目指そうと思ったキッカケ 「感染」というのは急性期・療養型関係なく全ての患者様に起こりうる可能性があるので、医療従事者にとって外せない領域です。今、世界的にも抗菌薬の適正使用というものが言われており、とても難しい分野なのですが、そういう所に以前から興味があり、ずっと勉強してみたいと思っていました。
ある時、薬剤部長からICT(感染制御チーム)をやってみないかとお声かけいただきました。今まであと一歩が踏み出せないでいたのですが、その一言で「やってもいいんだ!」と心が前向きになり、せっかく良い機会を与えていただいたのだから精一杯頑張ってみようと思いました。そしてやるからにはしっかりした専門知識を持った薬剤師が必要だと考え、感染制御認定薬剤師を目指そうと決めました。

実際に勉強してみて… 実際に勉強してみると、やはり抗菌薬の適正使用の部分が非常に難しくて大変です。菌は目に見えないものなので、感染が起こっても何が原因菌なのかすぐに分からないですし、場合によっては熱発しても感染ではない場合もあります。患者様によっては原因菌に対して薬が効いたり効かなかったりするので、検査結果や既往歴などバックグラウンドを考えながら対応を変えないといけません。
しかし、勉強することによって実際に業務に役に立つことが増えてきました。今まで以上に視野を広く持つことができ、処方箋だけではなくたくさんの情報を理解することに対しての意識が高くなりました。ICTを行う上でも医師とお話させていただく場合、患者様を総合的に見て判断して提言しないといけませんので、この意識の違いでだいぶ変わります。まだまだ自分は勉強不足ですが、できることから地道に頑張っていきたいと思っています。

今後の目標 今一番の目標は、目の前の認定薬剤師の資格を取ることです。今はそのために勉強をしっかり行い、単位がもらえる勉強会に参加したり、症例を集めたりしています。勉強会に行くのも出張扱いにしていただいており、病院側がしっかりと認定薬剤師に対してサポートしてくれるので安心して勉強することができています。もし認定が取れた時は、院内の耐性菌を減らしたり、患者様の治療が上手く運べるようにしたりする助けになれればいいなと思っています。

メッセージ 私は以前、急性期病院で勤めていました。日々の業務に追われて、勉強する暇もありませんでした。しかし、今の職場の阪和第一泉北病院は時間内でもしっかり自分の勉強ができますし、仕事が終わった後でも勉強会に行く時間があります。ワークライフバランスがとても取りやすいのも魅力です。やりたいことに時間がさけるので認定薬剤師を目指すにはとても良い環境だと思います!

気になる先輩をチェック!

  • 薬剤師

    阪和住吉総合病院
    A・Yさん
    詳細へ
  • 薬剤師

    阪和記念病院
    K・Kさん
    詳細へ
  • 薬剤師

    阪和病院
    M・Aさん
    詳細へ
  • 薬剤師

    阪和第ー泉北病院
    K・Hさん
    詳細へ
  • 薬剤師

    阪和第ー泉北病院
    H・Hさん
    詳細へ
  • 薬剤師

    阪和第ー泉北病院
    N・Sさん
    詳細へ
  • 薬剤師

    阪和第ー泉北病院
    H・Eさん
    詳細へ